「子育て」-「愛情表現」=死?!

Pocket

個性を表現する心を育て
自分の人生を歩みませんか?

歌と笑顔のおねえさん まみぃです♪

 

いきなりですが、質問です!

 

最近、誰かとハグをしましたか?

 

 

私は、、、

さっき、子供たちとしてきました♡

 

私の屋号の一部でもあるhug(抱きしめる事)は

生きていく上ではとても大切なことだと感じています。

 

誰かとハグすると・・・

快楽物質である「ドーパミン」

精神安定や安心感をもたらす「セロトニン」

愛情や信頼の感情を呼び起こす「オキシトシン」

脳内で分泌されるといわれています。

セロトニンやオキシトシンは、

「幸せホルモン」「愛情ホルモン」とも言われいます💕

 

つまり、誰かとハグをすると、

「あぁ♡幸せぇ~~~♡」って気持ちになれるんですよね☺

 

人間という生き物は、

触れ合いがないと死んでしまうって知っていますか?

 

その昔、こんな恐ろしい実験をした人がいました。

その人の名前は、神聖ローマ皇帝のフリードリヒ2世。

彼は、50人の赤ちゃんを集め、

お世話係の乳母たちに、

十分なミルクを与えたり、お風呂やおむつ替えなど

生きていくために必要なお世話をさせました。

 

彼はただ1つだけ、

あかちゃんにしてはいけない事を乳母たちに伝えました。

 

それは、触れ合いをしない事。

 

 

笑いかけてはいけない

話しかけてはいけない

ハグなどの肌の触れ合いをしてはいけない

目を合わせることもしてはいけない

 

さて、生きていくための必要な

衣食住のお世話をしてもらった50人の赤ちゃん。

 

どうなったと思いますか?

 

 

なんと、この50人のあかちゃんは、

 

 

1歳の誕生日を迎えることなく

全員が亡くなってしまったそうです。。。

 

 

とても悲しく恐ろしい実験ではありますが、

この実験から、

触れ合いの大切さを知ることができますよね。

 

小さいうちの母子の触れ合いというのは、

子供の情緒の発達に多大な影響を与えます。

抱きしめたり、ベビーマッサージをしたり、

肌と肌との触れ合いから得る触覚刺激(マザーリング)

語りかけにより聴覚刺激(マザーリーズ)をしてあげることによって、

脳や身体の成長を促すほか、

子供たちの情緒は安定し、親子の信頼関係も育みます。

 

特別な知識も道具もいらない。

今すぐできる、触れ合いと語りかけ。

 

フルタイムでお仕事をされているママやパパも

少しの時間でも親子ふれあいの時間を設けてみてくださいね♪

 

ちなみに、

今、近くにハグする相手がいないなぁ~・・・て方は、

セルフハグもオススメ♪

自分自身を包み込むように抱きしめてあげるだけで、

ストレス解消や自己肯定感の向上にもなります。

私も時々、イライラしている時などに実践してるのですが、

カナリ精神安定に役立ちますよ♡

 

 

親子の触れ合い時間も大切にしている

Magical English Timeの詳細はこちら⇒Magical English Time

 

残席僅か3/24体験会の詳細はこちら⇒Magical English Time体験会

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA