【前編】小さい頃から「選択する」ということ

Pocket

個性を表現する心を育て

自分の人生を歩みませんか?

歌と笑顔のおねえさん まみぃです。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は新月。

なので、これからこちらのブログでも

子育てについて、私の失敗や「やってよかった~」ってことなど、

独り言のように呟いていこうと思います。

 

そして、ほぼ毎日のようにブログアップできるようにこれから頑張るぞー!

良かったら、みなさんお付き合いくださいね♡

 

 

今日は「選択」についてのお話。

 

みなさんは、普段、どんな選択をしていますか?

 

「今日は何を着ようかなぁ~?」って服を選ぶ。

カフェで「何を飲もうかなぁ~?」ってコーヒーを選ぶ。

 

・・・などなど。

 

私たちの生活は「選択」であふれています。

 

 

「自分のことは自分で選択する!」

 

当り前じゃ~ん!って思った方も多いと思います。

だけど実は、その当り前ができない子が増えてるんです。

 

何かを問うと、「なんでもいぃ~」「どっちでもいぃ~」

最終的には、「ママが決めて~」「ママが選んで~」

そんな返答をする子が多い近年。

 

なんでだと思いますか??

 

 

 

それは、周りの大人たちが

選択をする機会を奪っているからなんです。

 

ーーー以下、まみぃ心の声wーーー

だって、ママは忙しいんじゃけん、仕方ないじゃん!!

子どもがするより、私がした方が早く済むし!

子どものこと以外にも、掃除や洗濯、料理だってせんといけんし!!!

仕事もしよったら、一日24時間じゃ時間足りんのんよー!!!!

ーーーまみぃ心の声、以上wーーー

 

そんな気持ちで、第一子・第二子を育てた私。

すると、

見事に自分の事を自分で決められない子ども達になりました(T▽T)

 

 

 

 

 

 

 

その事をバネに、現在第三子ュキュキには今までとは違う子育てをしてみたら、

若干1歳1ヶ月ではありますが、自己選択・自己決定ができる子になりました。

 

 

さて、私は今までと何を変えたのか?!

そして、ァィァィ6歳やコジコジ4歳のように少し年齢が高くなってからの

自己選択ができる子に育てるにはどうすればよいのか?!

 

長くなっちゃったので、

明日のブログにアップしたいと思います♡

 

 

 

ママの気持ちがお気楽~お喜楽~になりますように😄

まみぃ✨

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA